第5回:キーワードは「需要創造」


日本元気シニア総研最高顧問 富田眞司氏による『6つのキーワードで解く「これからのシニア向けビジネスチャンス』を6回シリーズの連載第5回は、動画による収録でお送りします。

高齢者は、定年退職で収入が減る。全体の消費も減って、市場も縮小する。

増えていく医療費や大きな市場である食料品、日用品だけではない、新たな需要を作るとはどのようなことか?

一般社団法人 日本元気シニア総研
最高顧問 富田眞司氏

2013年(一社)日本元気シニア総研を立ち上げ代表に。2017年最高顧問兼チーフアナリストに就任。企画力を生かし、独自の分析で超高齢化社会でのシニアの活性化とシニアビジネスの需要創造提案を行う。
日経MJ「再考シニア消費」18回連載、夕刊フジ「定年予備校」20回連載など執筆多数。ビッグイベント、全国商工会議所、大手企業などでシニアビジネスに関する講演多数。
代表著書「A4・1枚究極の企画書」「提案書・企画書の基本がしっかり身につく本」「スターティングノート」など20冊。

関連記事