あらゆるサービスを動画で解説。誰にでもわかりやすい未来を!

超高度情報化と超高齢化が同時に存在する現代社会。 そして日本は人生100年時代の高齢化社会。シニアのネット利用も確実に増えてきています。 当社は、多くのお客様に印刷物を提供しながら、そのデータを活用した動画制作の実績・ノウハウを蓄積し、印刷と同様に動画活用のご提案をさせていただいております。 わたしたちは、動画を活用したシニア層へのマーケティングをサポートすることを目的に、動画制作サービスを提供しています。 わたしたちは、シニアにとって最適な映像表現を追求。誰にでも「わかりにくい」をわかりやすく解説し、豊かな未来の暮らしを応援します。

マーケティングターゲットとしての「シニア」について

日本の高齢者人口は3,588万人で、総人口に占める割合は28.4%となり、過去最高となりました。 50歳以上の人が人口の半分近くを占め、平均寿命は延び続けて「人生100年時代」という言葉もきかれるようになりました。そのような、シニア層増加の背景にあって、マーケティングもシニア層をターゲットととらえ、多様なシニア層を理解することが重要になっています。 株式会社ビデオリサーチのシニアを対象とした調査によると、マーケティングターゲットとしての「シニア」を「自立した生活を送り、自己の意思で商品やサービス、ブランドやメディアを選択できる人々」としています。現在のシニア層は、従来の「お年寄り」のイメージはなく、自分が欲しいものを手に入れ、人生を楽しむ、様々な価値観をもった大人であると分析しています。 令和元年9月15日報道資料「統計からみた我が国の高齢者」総務省統計局 および 株式会社ビデオリサーチ「Senior+/ex サマリーレポート」2019年より

動画メディア成長の可能性ー映像広告市場ー

シニア層のネット利用率も増加しており、特にスマホの利用が進んでおり、50代後半では、その割合が9割となっています。また、 シニア層が閲覧している情報では、SNSに続き、動画系のサービス、ショッピング関連がトップ3となっています。 このように、ネット利用、特に動画への関心の高さより、シニア層をマーケティングターゲットとする企業様の動画広告・制作の需要が高まってくると考えられます。 わたしたちは、印刷物・WEB制作のノウハウを駆使し、シニア層に向けた「わかりにくい」をわかりやすくするための動画の制作をサポートしていきたいとの想いから、当サイト[シニア動画ラボ]を立ち上げました。シニア層に向けたサービス開発やマーケティングにご関心の高い企業様からのご相談をお待ちしております。

シニアマーケティングのための映像活用

映像の「伝える力」を活用し、目的達成のための動画を制作

販売促進 商品やサービスの販売促進の動機付けを目的とした動画制作です。 例:シニア向け健康食品の広告

取扱説明 商品やサービスを利用方法の解説を目的とした動画制作です。 例:健康支援アプリの利用法

社員教育 誰でも理解が容易な従業員向けの教育を目的とした動画制作です。 例:シニア従業員E-ラーニング

人事採用 シニア人材の募集を目的とした動画制作です。 例:カフェのシニアスタッフ募集